MENU
タイムセール開催中! Amazon

「Shuttle Art(シャトルアート)」ってどこの国?色鉛筆の口コミはサクラ?

Shuttle Art_どこの国

・このサイトにはプロモーションが含まれています
・サイト内のAmazonへのリンクは、Amazon(公式)内該当ページへのリンクです

Amazonで「Shuttle Art(シャトルアート)」というメーカーの色鉛筆を見付けました。

他のメーカーの製品と比べるとかなり安く、しかも口コミも高評価で評判が良さそうです。

でも、「Shuttle Art」なんてブランド、聞いたことがありません。

「Shuttle Art」はどこの国のブランドなのでしょうか?

また、Shuttle Artの製品は色鉛筆以外にもクレヨンアクリル絵の具、マーカーペンなど多岐に渡るのですが、どれもAmazonの評価が異常に高いような気がします

信用しても大丈夫なのでしょうか?

結論を言います。

「Shuttle Art」の口コミはサクラの可能性があるので、要注意です。

解説していきます。

この記事を書いた人

名前:あんでぃー
職業:ITコンサルタント&Amazon評論家

Amazon大好き

Amazonで1年に100万円使う人

  • 電化製品はほぼ全てAmazonで揃える
  • 特にガジェットは新製品出たら買いがち
  • 野菜や肉までAmazonで買っちゃう
目次

Shuttle Artは中国のブランドだった

Shuttle Artという名前をGoogleで調べたところ、公式サイトが見付かりました。

しかし、会社の名前や住所が記載されていなかったため、「Shuttle Art」を特許情報プラットフォームで検索してみました。

特許情報プラットフォームより

これによると、Shuttle Artという商標を登録したのは中国の方です。

よって、Shuttle Artは中国のブランドであることがわかりました。

Shuttle Artの製品をサクラチェックしてみた

さて、肝心のShuttle Art製品の評判・口コミを見てみましょう。

サクラチェッカーを使って、口コミにサクラが含まれているかどうかチェックしました。

サクラチェッカーとは

Amazonでサクラによる「やらせレビュー」の可能性を判定してくれるサービス。
不正を見抜くために必要な「出品者情報」「レビュー件数」「レビュー日の偏り」などの煩わしいチェックを、たった数秒でお手軽に判定してくれます。

一般的に、品質が低く評判が悪い製品にはサクラレビューが混じっていることが多いです。

そのため、サクラ度をチェックすることによってその製品の品質を確かめることができるのです。

サクラ度が高いということは、サクラレビューによって評価が不当に高められている(=実際の評価はもっと低い)可能性を示唆しています。

色鉛筆:サクラ度99%

まずはShuttle Artの色鉛筆をサクラチェックします。

こちらの商品は口コミが4,000件以上付いているもの。

上記の商品はAmazonにおける評価が「4.3なっており、かなり評判が良いことがわかります。

口コミを読んでも、「買ってよかった」「素晴らしい製品です!」という高評価ばかりが並んでいます。

しかし、この評価は正しいのでしょうか?

サクラチェック結果

結果が出ました。

サクラ度は99%ということなので、

Shuttle Artの色鉛筆に関するAmazonの口コミはサクラの可能性が高い、という結果になりました。

サクラレビューによって評価がかさ上げされている可能性が示唆されます。

クレヨン:サクラ度99%

次にチェックするのは、Shuttle Artのクレヨンです。

こちらもAmazonの評価が「4.5」なので、かなり高いですね。

サクラチェックしてみると…?

サクラチェック結果

サクラ度は99%ということなので、

Shuttle Artのクレヨンに関するAmazonの口コミもサクラの可能性が高い、という結果になりました。

アクリル絵の具:サクラ度99%

最後にサクラチェックするのは、Shuttle Artのアクリル絵の具です。

こちらもAmazonの評価が「4.4」なので、かなり高いですね。

サクラチェックしてみると…?

サクラチェック結果

サクラ度は99%ということなので、

Shuttle Artのアクリル絵の具に関するAmazonの口コミもサクラの可能性が高い、という結果になりました。

サクラによって高評価がたくさん付けられているということは、実際の製品の評価はかなり低い可能性があります。

主な低評価の口コミをピックアップしたので、参考にしてみてください。

主な低評価口コミ
  • ボキボキ折れて使い物にならない(色鉛筆)
  • 同じ色の鉛筆が何本か入っている(色鉛筆)
  • 最初から折れていた(クレヨン)
  • 届いた時点で液漏れしていた(イラストマーカー)
  • 最初から何本か色が出ない(イラストマーカー)

まとめ:どの会社の製品を選ぶべきか

この記事では、

「Shuttle Artってどこの国のメーカー?」という疑問をお持ちの貴方に向けて、Shuttle Artの真実を解説してきました。

Shuttle Artは中国のメーカーで、その商品はサクラレビューの存在が疑われる結果となりました。

近年ではAmazonで色鉛筆やクレヨンを探すと、聞いたことのないメーカーの怪しい製品が出てきます。

しかし、色鉛筆やクレヨンは子供が使うものでもあるので、できるだけ安心・安全な商品を使いたいですよね。

最後に我が家で愛用している製品を紹介します。

色鉛筆はこちらのトンボ鉛筆のもの。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

クレヨンはサクラクレパスの水で落とせるクレヨン。

何の説明も要らないほど有名な商品ばかりですが、安心・安全が一番です。

色鉛筆やクレヨンの購入を検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次